極東ロシアビジネスフォーラム2010

■イベント概要

 北海道銀行がサハリン、ハバロフスク、ウラジオストック等極東ロシ ア地域における経済ビジネス情報と交流の機会を提供いたします。
 本フォーラムへはエネルギー、建設等業種別のロシア企業のブースの展示を行う他、サハリン州政府による今後の財政計画をベースとしたプレゼンも行なっていただきます。サハリンプロジェクトの完成以後の地元経済の方向性や極東ロシアの経済動向ならびに企業ニーズ等についてご理解を深めていただき、皆様とロシア企業とのビジネスのきっかけとしてご利用下さい。

名称 極東ロシアビジネスフォーラム2010
日時 2010年5月13日(木)10:30〜17:00
会場 ロイトン札幌(札幌市中央区北1条西11丁目)
主催 北海道銀行
共催 道銀・日経ベンチャー経営者クラブ
日経BP社・「日経ベンチャー」経営者クラブ
独立行政法人 日本貿易振興機構
社団法人 ロシアNIS貿易会
後援 北海道  札幌市  北海道経済連合会
社団法人 北海道商工会議所連合会
協力 株式会社 北陸銀行

 

■基調講演・セミナー

基調講演 12:30〜14:00 ※満席のため、受付締切

●プロフィール/1947年8月11日北海道生まれ。73年早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。同年三井物産に入社。99年三井物産戦略研究所所長。2001年(財)日本総合研究所理事長。2006年(財)日本総合研究所会長。三井物産株式会社常務執行役員。早稲田大学アジア太平洋研究センター客員教授。2009年多摩大学学長、三井物産戦略研究所会長。主な著書に「脳力のレッスンII−脱9.11への視座」(岩波書店)「二十世紀から何を学ぶか」(新潮選書)「経済人はなぜ平和に敏感でなければならないのか」(東洋経済新報社)「世界を知る力」(PHP新書)などがある。

世界潮流と日本
〜極東ロシアでのビジネスの将来性

(財)日本総合研究所 会長 多摩大学 学長
(株)三井物産戦略研究所 会長 寺島 実郎 氏
日本の貿易構造の変化から、現在の世界潮流をわかりやすく解説。ユーラシア・アジアのダイナミズムの中で、日本にとって本当に必要な戦略とは何か。また、極東ロシアと日本・北海道の関わりがどのように推移していくことが予想されるかを提言する。

セミナー1 10:30〜11:30

●プロフィール/1975年生。和歌山県出身。1998年、モスクワ大留学。2000年、創価大学大学院修士課程修了(社会学)。同年、有限会社ジャパン・シー・ネットワーク入社(現株式会社JSN)。週刊「ダーリニ・ボストーク通信」の編集担当を経て、現在は貿易、調査業務等を担当。2009年、新潟県立大学非常勤講師。

極東ロシアの消費市場の現状
〜食品、日用品、住宅建材等の輸出に向けて

株式会社JSN 貿易部 濵野 剛 氏
極東ロシアの食品、日用品、住宅建材等の市場およびリーマンショック後の現状を統計的に説明。特に建材に関してサハリン、ウラジオストック市、ハバロフスク市におけるマーケティング調査結果としてどのような商品がロシア極東で人気商品なのかなど具体的に紹介。

セミナー2 14:30〜15:30

●プロフィール/1993年4月、(社)ロシアNIS貿易会入社。現在、経済交流部次長。ロシアとの貿易投資促進を目的としたセミナーや商談会を数多く開催。中小企業からのロシアビジネスについての相談・コンサルティングに携わる。

極東ロシアにおける
中小企業のビジネスチャンス

社団法人ロシアNIS貿易会 経済交流部 次長  原 真澄 氏
極東ロシアの経済的な現状を概略的に説明するとともに、現在の日本の中小企業の極東ロシアへの進出動向および進出事例などを交え、今後のビジネスチャンスの攻略部分及びサポートプログラムを紹介する。

セミナー3 16:00〜17:00

 

サハリン州政府2020年プロジェクトと
道内企業によるサハリン進出 (仮題)

サハリン州政府 経済発展省 大臣 カルペンコ S.A. 氏
サハリン州政府にて現在実行されているインフラ整備網建設を中心とした2020年プロジェクト計画を紹介すると共に道内企業の本プロジェクト参入チャンスを探る。

■展示商談会・出展ブースのテーマ

サハリン州国際協力に向けた展望

社名 サハリン州政府対外交流儀典局
TEL +7(4242)72-70-88
URL http://www.adm.sakhalin.ru (ロシア語のみ)
出展商品・サービス内容
サハリン州政府が計画している2020年までのインフラ整備全般の発展プログラム、特にレジャー施設、福祉施設、エネルギー等の発展プログラムのプレゼンテーションを行います。道路工事や寒冷地住宅建設等の土木建設関連企業や建設資材の提供、石炭の輸出等に係わる日本企業の参入を期待しています。

極東ロシアにおける食品等の流通

社名 有限責任会社 SENKON(Russia)社
業種 流通業(食品等)
所在地 ロシア連邦、ハバロフスク市
TEL +7(4212)415-117
URL http://www.senkon.co.jp/group/senkonRUS.html (日本語)
E-mail a-sano@senkon.co.jp
出展商品・サービス内容
ロシアでの商品販売を希望する日本企業に対して商品の輸入通関・保管・在庫管理・販売代金の回収など多岐にわたってロシアでの流通関連業務を行っています。同社はハバロフスク市に倉庫を設けており、同社のアンテナショップを活用することも可能です。今回は現在ロシアに輸入され、スーパーマーケットなどで販売されている日本の食品事例などを紹介します(個別商談対応可)。

極東ロシア向け企業PR・広告

社名 JAPANDOM.LLC
業種 広告・宣伝
所在地 札幌市西区西野9条4丁目6-12
TEL 011-665-3849
URL http://japandom.ru (日本語、ロシア語)
E-mail semenovjapan@gmail.com
出展商品・サービス内容
ロシア語のHPを作成し、日本の情報をロシア人に発信している会社です。同社のHPを通じて一般のロシア人の方に日本の企業、商品などを紹介する事も可能であり、マーケティング支援により進出企業のビジネス拡大をサポートします。展示ブースではHPの内容を多彩に披露します(個別商談対応可)。

サハリン総合建設・エネルギー

社名 スフェーラ社
業種 建設・エネルギー
所在地 ロシア連邦、ユジノサハリンスク市
TEL +7(4242)72-32-88
URL http://www.sfera-construction.ru (ロシア語のみ)
E-mail sfera@sfera-co.ru
出展商品・サービス内容
スフェーラ社はサハリンの大手建設業者であり、サハリンプロジェクト関係の住宅、ホテルなどの建設を行っています。また今後は農業、病院業と他分野への進出を目指しています。日本の建設資材や建設技術、さらに今後進出予定である農業や病院業のノウハウについて興味を寄せています(個別商談対応可)。

極東ロシアにおける木材加工

社名 極東ロシアにおける木材加工及び研磨技術者養成センター
業種 製材業
所在地 ロシア連邦、ハバロフスク市
E-mail tomoekikai@yahoo.co.jp
出展商品・サービス内容
ロシア政府の原木の輸出税率上昇を要因とした極東ロシアから日本への木材輸出激減に対応するべく、当センターの設立を計画しています。さらに当センターでは日本向け輸出用製材技術を指導することを検討しています。北海道企業の木材加工技術の参入を期待するとともに、将来的には日本への木材販売に向けて、日本における製材需要を探るものです(個別商談対応可)。

ウラジオストックの日本住宅建材

社名 ゼニットーM社
業種 建材販売業
所在地 ロシア連邦、ウラジオストック市
TEL +7(4232)790—900, 300-848, 32-12-90
URL http://www.zenitm.ru (ロシア語のみ)
E-mail zenitvld@yahoo.com
出展商品・サービス内容
同社は現在、日本の住宅建材(外壁材)をロシアに輸入、販売しており、同社の店舗内には日本の建材を使って小型の伝統的な日本家屋を展示しています。北海道の建材企業とのビジネスチャンスに期待しています(個別商談対応可)。

ハバロフスク経済・産業の発展

社名 ハバロフスク市役所 セルゲイ畜産コンプレックス
業種 行政 農業
URL http://www.khabarovskadm.ru 
(ロシア語、英語のみ)
http://www.sergeevskoe.com 
(ロシア語のみ)
所在地 ロシア連邦、ハバロフスク市
出展商品・サービス内容
ハバロフスク市役所によるハバロフスク経済や産業発展の可能性を紹介しています。特にハバロフスク市としては建設関連や農業関連の道内企業の進出を希望しています。またセルゲイ畜産コンプレックスはハバロフスク地方の農業の現状についてプレゼンテーションを行う予定であり、北海道の農業技術の参入を期待しています(個別商談対応可)。

極東ロシア観光スポット

社名 道内外企業(複数社)
業種 旅行業
出展商品・サービス内容
極東ロシアの魅力や観光スポットを紹介します。また、ビジネスチャンスを逃さないビジネスツアーもコーディネートします。極東ロシアを初めて訪れた方は「百聞は一見に如かず」という感想が多いですよ! (個別商談対応可)。

 

事前登録の受付は締め切りました。
基調講演は満席ですが、
展示商談会とセミナー1からセミナー3は
当日受付可能です。

 

フォーラム・事前登録に関するお問い合わせはこちらから
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。詳しくはこちらをご覧ください。
Copyright(c)2010: Nikkei BusinessPublications,Inc. All Rights Reserved.