日経トップリーダー経営実践塾「事業承継実践塾」受講生募集開始!2010年10月開講<全6回コース>申込締切10月19日(火) 会社を継ぐために必要なことは「何か」、本気で考える 1.立教大学・山口教授と日経BP社が開発した独自プログラム 2.次期”創業者”となるために必要なことが体系的に学べる 3.会社を継いだ現役・先輩社長の「本音」が聞ける

<受講者の皆様へお知らせ>

延期となっておりました第6回目の開催日が決定しました。

受講者の皆様には事務局より、個別にメール等でご案内させていただいきます。

 


 

【日時】5月26日(木) 15:00〜20:00 ※受付開始:14:30

【会場】TEPIA A会議室(B1F) ※第1回〜5回目までと同じ会場です

     財団法人機械産業記念事業財団

     〒107−0061 東京都港区北青山2-8-44 TEL:03−5474−6111(代表)

<お問い合せ先>

日経BP社 読者サービスセンター セミナーグループ

電話:03-5696-1111 (平日9:00〜17:00)

 


 

 

単に事業を“継ぐ者”ではなく、次期“創業者”として育てるプログラム。

本塾では中小企業の重要課題である「事業をどう継承すればいいか」を6回に渡って学んでいきます。「事業承継」の知識にとどまらず、「会社を継ぐ」ために本当に必要なことは何かを学べます。

各回の講座の前半では、現役社長を毎回ゲストとして招き、「事業承継」を実践した先輩の立場から、本音の成功談、失敗談を直接聞き学べます。講座の後半では、塾生同士で毎回テーマに沿った発表と意見交換の場を作り、後継者として目的意識を持って、本音をぶつけられる学びの場を目指します。

さらに塾生同士が本塾開講期間中だけでなく、修了後も交流を深められる場となるようサポートしていきます。今までとは全く違う「事業承継」を学ぶ場です。皆さんの参加をお待ちしております。

※当セミナーの受付は終了しました。

事業承継実践塾開催にあたり-事業承継実践塾  塾長/立教大学教授  山口義行氏

「革新と創造の担い手」であり続けることこそが、中小企業存続の条件です。中小企業をめぐる経営環境は、かつてないほどに厳しく、また市場の成熟化が進んだことで、長期的かつ安定的な売り上げを見込めるマーケットも少なくなってしまいました。

「会社を継ぐ」ことは、会社を変革することです。今までの事業をそのまま引き継ぐつもりでは存続すら危ぶまれます。常に新しいことに挑戦し、新たな付加価値を生み出していかなければ、中小企業はもはや生き残ることさえ難しいのです。後継者自身がこれまで以上に挑戦的に、より広い視野を持って、常に情報収集にあたる・・・。皆さんの前に広がる道は決して平坦ではありません。しかし皆で知恵を出し合い、お互いに切磋琢磨しあえば、越えられない道ではありません。

後継者同士がお互いに智恵を出し合い学びあう場。修了した後もお互いに連携し協力し合う場。この実践塾が、そんな場になれば幸いです。さあ、一緒に学んでいきましょう。

事業承継実践塾  塾長/立教大学教授  山口義行氏
○プロフィール/1951年名古屋市生まれ。立教大学大学院修了。93年より立教大学経済学部助教授、95-96年経済学科長。2001年より現職。経済危機やバブル問題に関する研究のほか、NHK総合テレビ「クローズアップ現代」、テレビ東京「ルビコンの決断」などでコメンテーターとしても活動。NHK教育テレビ「21世紀ビジネス塾」では5年にわたって講師を務めた。スモールサンのエグゼクティブ・プロデューサーとして、中小企業支援に携わっている。『現場に「解」あり!-中小企業の“連携”が未来を開く』(中央公論新社)、『聞かせる技術』(河出書房新社)等、著書多数。

カリキュラム

第1回
10/21(木)
15:00~20:00
会社を引き継ぐということ
周囲から「新社長」として認められた瞬間! とは。
経営者として求められる「資質」、「考え方」、「行動」について考えます。
【第1部】 塾長挨拶「会社を引き継ぐということ」 塾生自己紹介
パネルディスカッション
[スピーカー] 山口義行教授、B伊藤麻美氏(メッキ工場六代目)、C谷田千里氏(計測機器メーカー三代目)
若手経営者による実際に直面した事業承継の体験談を通し、後継者に求められる資質や行動だけでなく変革への考え方や捉え方を考えていきます。
【第2部】 懇親会
第2回
11/18(木)
15:00~20:00
事業創造と事業承継1 事業創造のための人づくり
事業を承継するということは「人を創る」ことでもあります。
中小企業の「人づくり」の要諦に触れ、自社における人材育成の方針を考えます。
【第1部】 前回の内容をキーワードでおさらい
パネルディスカッション
[スピーカー]A菊谷勝彦氏(お線香卸・販売三代目)、B伊藤麻美氏(メッキ工場六代目)
若手経営者が直面した人材育成の苦労に迫ります。「人づくり」のために必要な育成ポリシー、戦略、運用方法の軸を学びます。
「変えるべきものと、変えざるべきもの」について個人ワークとディスカッション
【第2部】 ディスカッション内容の発表と意見交換
第3回
12/7(火)
15:00~20:00
事業創造と事業承継2 新規事業創造、市場開拓
承継に向けて事業環境を整えるための成長戦略の描き方、
海外市場開拓に向けた戦略の描き方などについて学びます。
【第1部】 前回の内容をキーワードでおさらい
パネルディスカッション
[スピーカー] A菊谷勝彦氏(お線香卸・販売三代目) ほか予定
小出宗昭氏(スモールサン イノベーションプロデューサー)
経営者が新規事業や市場開拓に実際に取り組んだ事例に迫ることで、自社の新規事業への方向性を探ります。 「自社の製品・サービスの現状と課題」について個人ワークとディスカッション
【第2部】 ディスカッション内容の発表と意見交換
第4回
1/20(木)
15:00~20:00
事業創造と事業承継3 企業改革とブランドづくり
既存市場での存在感を高め、新規市場を開拓する、
ブランド作りに必要な顧客とのコミュニケーションの考え方と具体的な手法を学びます。
【第1部】 前回の内容をキーワードでおさらい
パネルディスカッション
[スピーカー]D北川一成氏(デザイナー)、E稲岡幸一郎氏(酒蔵二代目)
経営者が実際に実践したブランドづくり、顧客との信頼関係の創造に迫り、自社の企業改革への方向性を探ります。
「自社のブランドの現状と課題」について個人ワークとディスカッション
【第2部】 ディスカッション内容の発表と意見交換
第5回
2/17(木)
15:00~20:00
事業承継と税制
事業承継をスムーズに行うために必要な税制の知識と、
承継に向けたロードマップの描き方、環境づくりについて学びます。
【第1部】 前回の内容をキーワードでおさらい
講義・演習
[講師]山本哲郎氏(スモールサン戦略財務プロデューサー/税理士)
経営者に求められる税制知識を、受講者代表数名と税理士との質疑応答や、ケーススタディーを交え習得します。
【第2部】 「事業承継に向けたロードマップ」について個人ワークとディスカッション
ロードマップの概要と方向性を個人発表
第6回
3/17(木)
15:00~20:00
継がせる思い、継ぐ思い
事業を次世代にバトンタッチするにあたり、創業者は何を考え、
何を危惧するのか。事業を継がせる側の経営者の事業に対する情熱や思いに触れます。
【第1部】 前回の内容をキーワードでおさらい
パネルディスカッション
[スピーカー]山口義行教授、F小嶋勇氏(進学塾創業者) ほか予定
創業者、事業を継がせる側の経営者とのやりとりを通じ、事業に対する情熱や思い、 実際の事業継承に当たっての課題に迫ります。
【第2部】 「事業承継に向けたロードマップ」の個人発表。
今までの講義をすべて網羅し、完成させたロードマップと今後に向けた「宣言」の発表及び、 ゲストスピーカーから講評をもらいます。
修了証の授与

多彩なゲストスピーカー

実際に事業承継に直面し、多くの課題を乗り越えてきた経験豊富な経営者が毎回ゲストスピーカーとして登場します。

菊谷勝彦氏 菊谷生進堂社長 菊谷勝彦氏 菊谷生進堂社長
家業の「お線香屋」を引き継ぎ、楽天市場生活消費財部門トップ10に入る企業に成長させた敏腕三代目社長。元少林寺拳法の達人。
北川一成氏 GRAPH ヘッドデザイナー/プリンティング・ディレクター 北川一成氏 GRAPH ヘッドデザイナー/プリンティング・ディレクター
同族経営の印刷会社を引き継ぎ、デザインと印刷の総合企業として再生させた。デザインとメディアのインタラクティブな融合を追求している。
伊藤麻美氏 日本電鍍工業社長 伊藤麻美氏 日本電鍍工業社長
瀕死の状態だったメッキ会社を六代目社長として引き継いだ女性社長。経営改革を社員と進め3年で黒字化を達成。元DJの経歴も持つ。
 
稲岡幸一郎氏 富久錦社長 稲岡幸一郎氏 富久錦社長
稲岡輝彦会長の長男で、阪神淡路大震災の直後、25歳の若さで社長に。旨い酒づくりから地域貢献まで、蔵のあり方を一手に担う。
谷田千里氏 タニタ社長 谷田千里氏 タニタ社長
事業継承後1年で高齢化社会を見据えた糖尿病管理商品を発売。調理師学校を経て、理工学部卒という異色のキャリア。
 
小嶋勇氏 日能研関東創業者 小嶋勇氏 日能研関東創業者
5年間の勤め人生活後、現在の日能研関東を1973年設立。生徒3人から1万2千人以上の学習塾に。2006年65歳で息子に事業承継。
   
ストラテジック  代表取締役 スモールサン 人財育成プロデューサー  櫻井浩昭

●コーディネーターから一言

長年、組織風土のデザイナーや、人財育成のプロデューサーとして中小企業経営の現場に関わってきた経験と、何よりも、立教大学経済学部の企画講座「会社を引き継ぐ」でのコーディネーターとしてのノウハウを駆使し、カリキュラムを構成していきます。どうぞよろしくお願い致します。

ストラテジック 代表取締役
スモールサン 人財育成プロデューサー 櫻井浩昭

 

スモールサンとは…

意欲的な経営者を支え、後押しする「知的サポートネットワーク」を構築しようと、山口教授のもとに、それぞれ独立した中小企業サポートの専門家である有志たちが集まり、2008年9月に設立されたのが、“スモールサン(正式名称:中小企業サポートネットワーク)”です。客観的な「第三者の目」、そして「専門家たちの知恵や人脈」を活用しながら、自社にとって最も的確な戦略を策定し、それを実践していきたい。そんな時に役立つサポートネットワークです。

開催概要 ■主催/日経BP社・「日経ベンチャー」経営者クラブ
■企画協力/中小企業サポートネットワーク(スモールサン)
■定員/30名(先着順)
■受講料金/

1.一般申込(1名):262,500円(税込) <全6回>
2.会員申込(1名):210,000円(税込) <全6回>
3.一般同時申込(2名):472,500円(税込) 10%OFF <全6回>
4.会員同時申込(2名):378,000円(税込) 10%OFF <全6回>

※2と4の会員価格は「日経ベンチャー」経営者クラブ会員、「日経トップリーダー」定期購読者、 「日経トップリーダー」プラチナ会員、スモールサン会員に適用されます。それ以外の方は一般価格でお申し込みください。

※3と4の2名様の申込は、同じ会社から2名同時にお申し込みいただく際に適用させていただきます。1名ずつ個別に2名申し込むより1割引でお申し込みいただけます。

■開催予定日/ 第1回:2010年10月21日(木)   第4回:2011年01月20日(木)  
第2回:2010年11月18日(木)   第5回:2011年02月17日(木)
第3回:2010年12月07日(火)   第6回:2011年03月17日(木)
■時間/15:00~20:00(全6回共通)
地図

【会場のご案内】
TEPIA A会議室(B1F)

財団法人機械産業記念事業財団
〒107-0061 東京都港区北青山2-8-44
TEL:03-5474-6111(代表)
東京メトロ銀座線 外苑前駅から徒歩4分
JR千駄ヶ谷駅、または信濃町駅から徒歩14分
都営大江戸線 国立競技場駅から徒歩11分、
または青山一丁目駅から徒歩9分

下記の条件に同意の上、「事業承継実践塾」にお申し込みください。

●受講料金は、請求書発行後の翌月末までに全額、主催者の指定する銀行口座にお振り込みください。
主催者は、受講料金は返金いたしません。

●2010年9月末日までに、申込受講者が15名に満たない場合は「事業承継実践塾」は開催いたしません。
その場合、主催者・受講者とも互いの金銭の支払義務は一切ないものといたします。

●ご案内している開催日、会場、講師、プログラム内容は予定です。事情により一部変更になる場合があります。
その際は事前に事務局よりご連絡します。

※当セミナーの受付は終了しました。
copyright (c) 2010 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.